PR

産経WEST 産経WEST

僧衣運転で違反認定できず 福井県警が書類送検見送り

Messenger

 福井県内の40代男性僧侶が僧衣で車を運転して交通反則切符(青切符)を切られた問題で、県警は26日、違反事実が認定できなかったとして、反則金の支払いを拒んだ僧侶を書類送検しない方針を明らかにした。

 県警交通指導課は「当時の状況などを改めて精査したところ、証拠の確保が不十分だった」としている。

 僧侶は昨年9月、福井市内の県道で軽乗用車を運転中に警察官に制止され「服装が違反」と告げられた。県警は当初、県道交法施行細則に基づき(1)袖がシフトレバーなどに引っ掛かる(2)裾の幅が狭いため足が動かしにくくブレーキ操作が遅れる-と判断して取り締まったと説明していた。

 僧侶は違反とされたことを不服として反則金6千円の支払いを拒んだため書類送検される可能性があった。この問題をめぐっては、僧衣で運転することは日常的として全国の僧侶から抗議の声が上がっていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ