PR

産経WEST 産経WEST

ガラスのひな人形、幻想的な輝き 伊賀・赤井家住宅

Messenger
幻想的な輝きを放つ作品が並ぶ「硝子雛展」=伊賀市
幻想的な輝きを放つ作品が並ぶ「硝子雛展」=伊賀市

 ガラス製のひな人形を集めた「硝子雛(がらすびな)展」が25日、三重県伊賀市上野忍町の武家屋敷・赤井家住宅で始まった。国内のガラス作家31人による約100作品が並んでいる。2月2日まで

 ガラス工芸を伊賀焼や組みひもと並ぶ地域の文化に定着させようと同市文化都市協会が一昨年から開催。2府11県で活躍するガラス作家が出品している。

 吹きガラスの技法で内側にできる無数の気泡を着物の模様に仕立てたものや、微細な砂で表面を削って白いやわらかな輝きを放つ作品など独創的なおひな様が並ぶ。それぞれの作品に当てられた照明が反射や屈折し、会場は幻想的な雰囲気に包まれている。

 同協会の吉川和義さんは「おひな様の美しさや清楚さをガラスの透明感が一層引き立てる。ひと味違うひな祭りを楽しんでもらえたら」と話している。

 入場無料。展示作品の販売も行っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ