PR

産経WEST 産経WEST

センバツは智弁和歌山と市和歌山

 選手らは半田真一監督を囲んで胴上げし、喜びを分かち合った。

 2年の米田航輝主将(17)は「まさかとは思ったが、すごくうれしかった。選ばれたことで、チームの士気も上がる。夏の甲子園に出られなかった先輩たちの分も自分たちが活躍したい」と話した。

 半田監督は「出場できるか不安だったので、決まってほっとした。出るからには優勝を目指したい」とし、県内から2校が出場することには「智弁和歌山も倒したい相手のひとつ。和歌山の野球を盛り上げるとともに、和歌山は智弁だけじゃないことを見せたいと思う」と力を込めた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ