PR

産経WEST 産経WEST

診療報酬詐取疑い5人逮捕 医師や組員、生活保護悪用

 生活保護受給者に在宅医療をしたと偽って診療報酬をだまし取ったとして、福岡県警は25日、詐欺の疑いで福岡市中央区谷、クリニック医師、井上勉容疑者(61)や住所不定、指定暴力団山口組系組員、木下優容疑者(33)ら5人を逮捕した。

 県警は、医療費の自己負担がない生活保護受給者を患者役として利用して診療報酬を繰り返しだまし取り、一部が暴力団に流れていたとみて調べる。

 逮捕容疑は昨年6月~同9月、在宅医療をしたように装って虚偽の診療報酬を福岡市に請求し、計約24万円をだまし取ったとしている。

 捜査関係者らによると、クリニックは平成29年に九州最大の繁華街・天神地区に近いマンション一室に開設され、内科と外科を診療科目としていた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ