PR

産経WEST 産経WEST

万博準備に水差す疑惑 大阪市を家宅捜索 官製談合か

Messenger
電気工事業者の家宅捜索に入る大阪地検特捜部の係官ら=24日午前、大阪市中央区
電気工事業者の家宅捜索に入る大阪地検特捜部の係官ら=24日午前、大阪市中央区

 大阪市を舞台にした官製談合疑惑が浮上した。24日午前、官製談合が繰り返されていた疑いがあるとして、大阪地検特捜部が市建設局などの家宅捜索に着手。市職員が入札情報を漏らしたとされる疑惑だけに、市内部や市民からは「許されない」と厳しい声が上がる。大阪市は昨年末、2025年の国際博覧会(万博)開催が決まったばかり。盛り上がりに水を差すような疑惑の発覚に吉村洋文市長は「あってはならない」と述べ、捜査へ全面協力する方針を示した。

 大阪市住之江区のアジア太平洋トレードセンター(ATC)。市建設局のあるビルの6階に大阪地検特捜部の係官ら約10人が姿を見せたのは、24日午前9時ごろ。同じころ、談合にかかわった疑いのある電気工事業者「アエルテクノス」(大阪市中央区)にも3人の係官が段ボールを手に入り、家宅捜索を開始した。

 市建設局の男性職員(38)は「インターネットのニュースで見てびっくりした。捜索は自分の課ではないのでよく分からない。何があったのか知りたい」と困惑。一方、同市住之江区の男性会社員(70)は「疑惑が本当であれば市民としてショック。行政はしっかりしてほしい」と話した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ