PR

産経WEST 産経WEST

【視聴率番外編】「紅白」「箱根駅伝」好調の一方、沈んだ番組も 年末年始番組

Messenger

 1年間で最も華やかで面白い番組がそろうといわれているのが年末年始。特に、昨年末から今年にかけては、「平成最後」という“冠”もつき、より盛り上がった番組もあった。一方で、もちろん期待どおりの成果とはいかなかった番組もあり、明暗が分かれた。ビデオリサーチが発表した平均視聴率(関西地区)をみながら、年末年始のテレビ事情を振り返った。

 ■サザンとユーミンで「紅白」締め

 昨年の大みそかに放送された「第69回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率は、第1部(午後7時15分~8時55分)が35・2%、第2部(午後9時~11時45分)が40・5%だった=グラフ1参照。前年に比べ、第1部は2・0ポイント増、第2部は0・9ポイント増となり、内容を評価する声も聞かれた。NHK側も「平成最後」を意識した企画を盛り込むなど工夫していたほか、特別出演した北島三郎やサザンオールスターズが期待どおりのパフォーマンスを披露。特に番組終盤では、テレビで歌を披露するのは初めてだったという米津玄師(よねづ・けんし)の熱唱や、サザンと松任谷由実との夢の共演もみられ、茶の間を喜ばせた。

 二谷裕真・NHK制作局エンターテインメント番組部長は「松任谷由実さんがスタジオからNHKホールに突然現れる演出、米津玄師さんの幻想的な世界観を表現した徳島からの中継、北島三郎さんの大復活、サザンオールスターズの35年ぶりのNHKホールでの歌唱など、ひとときも視聴者を離れさせまいと、渾身のシーンの連続だったと思う」などとコメントした。

 ■「紅白」裏が「ガキ使!」以外、ひとケタに沈んだ理由は…

 例年、紅白と同様、話題になるのが同時間帯の民放番組。今年は、読売系が「ガキの使い!年越しSP!絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」、ABC系が「よゐこの無人島0円生活」とバラエティー系で挑んだほか、カンテレ系は元プロボクシング5階級制覇チャンピオン、フロイド・メイウェザーと格闘技選手、那須川天心との対決を中継した「RIZIN.14」、MBS系は元プロボクシング世界チャンピオン、井岡一翔のタイトルマッチを中継した「SASUKE2018&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ」と、格闘技系で勝負。テレビ大阪系は恒例の「年忘れにっぽんの歌」を放送した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ