PR

産経WEST 産経WEST

ネコ殺処分減にふるさと納税 和歌山に全国から1800万円

Messenger
和歌山市保健所に保護されたネコ。市が殺処分減を目指し計画している動物愛護センターへの寄付に1800万円が寄せられた(写真をクリックすると他の写真も見られます)
和歌山市保健所に保護されたネコ。市が殺処分減を目指し計画している動物愛護センターへの寄付に1800万円が寄せられた(写真をクリックすると他の写真も見られます)

 和歌山県でネコといえば、和歌山電鉄貴志川線のネコ駅長がよく知られている。しかし実は、飼い手がなく殺処分されるネコの数は全国3位(平成29年度)と多い。そこで殺処分を少しでも減らそうと和歌山市が「ふるさと納税」を活用し、来秋完成する動物愛護センターへの寄付を呼びかけたところ、あっという間に全国から1800万円が寄せられた。予想外の反響に市もびっくり。寄付金は去勢手術に必要な装置購入費などに充てるという。(岩本開智)

全国ワースト3

 環境省によると、29年度のネコの殺処分数は全国で3万4854匹。都道府県別では、和歌山県は1786匹で長崎県(2588匹)、福島県(2368匹)に次いで3番目に多い。

 そこで和歌山市は、ネコなどを保護し、飼い主を探して引き渡す目的で動物愛護センターの建設を計画している。敷地面積1683平方メートルの鉄筋平屋建ての施設で、建設費として30年度予算に約2億3313万円を計上し、今年10月ごろの完成を目指す。

 施設にはネコやイヌの収容施設をはじめ、診察室や去勢のための手術室のほか、自由に走り回ることのできる「ドッグラン」なども設ける。

 手術などに必要な麻酔装置や心電図モニターなどは、それぞれ200~300万円と高額なため、市は寄付を募ることにした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ