PR

産経WEST 産経WEST

ドクターカー出動先誤る 新生児死亡 奈良

Messenger

 奈良県総合医療センター(奈良市)は23日、心肺停止状態の新生児を搬送するために産婦人科に出動したドクターカーが行き先を間違え、到着が約25分遅れるミスがあったと発表した。その後、新生児は死亡したが、センターは遅延との因果関係はないとしている。

 センターによると、18日午後1時5分ごろ、県内の産婦人科から連絡を受け、医師が同乗したドクターカーが出動。だが、最初に到着した病院で「連絡していない」と言われて間違いに気づき、本来の到着時間から約25分遅れて搬送依頼があった別の産婦人科に着いた。双方の産婦人科は名称が似ており、電話交換手が新生児集中治療室(NICU)の医師に取り次ぐ過程で間違いが生じたとみられる。

 新生児は同3時10分ごろに死亡が確認されたが、センターの医師7人による検証の結果、遅延がなくても救命は難しかったと結論づけたという。センターは今回のミスを受け、NICUと県内の産婦人科を結ぶ直通回線の設置を決めた。大峯朝記(あさき)事務部長は「非常に申し訳なく思う。二度と起こさないよう対策を徹底したい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ