PR

産経WEST 産経WEST

配車アプリ「ウーバー」が大阪でサービス開始

Messenger
未来都と提携してウーバーの配車サービスが開始された(阿部佐知子撮影)
未来都と提携してウーバーの配車サービスが開始された(阿部佐知子撮影)

 配車サービス世界大手の米ウーバー・テクノロジーズは23日、タクシー会社の未来都(大阪府守口市)と提携し、大阪市内などでスマートフォンなどのアプリを使った配車サービスを開始した。国内でのサービスは、名古屋に続いて2カ所目。

 利用者は、ウーバーのアプリで行き先を入力すると、未来都のタクシーが配車される。運転手の名前や行き先までのルート、料金や所要時間などもアプリで確認できるほか、あらかじめ登録したクレジットカードでの支払いもできる。

 ウーバーは世界600以上の都市で、運転手と利用者をアプリでつなぐ「ライドシェア」サービスを展開。国内では許可のない一般の人を運転手として登録することができないため、タクシー会社と提携する。ウーバージャパンのトム・ホワイトモビリティ事業ゼネラルマネージャーは「タクシーの顧客を拡大し、今後も提携都市を増やしたい」と話す。

 近年、国内でもタクシー会社の配車アプリ導入が進んでいる。未来都の笹井大義専務は「世界的に圧倒的なブランド力があり、訪日外国人など、新たな利用者獲得につながる」と期待する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ