PR

産経WEST 産経WEST

人気ユーチューバー、そわんわんさんが観光PR 和歌山

Messenger

 独自に制作した動画をインターネット上に公開して広告収入を得る「You Tuber(ユーチューバー)」。近年では芸能人並みのチャンネル登録者数を誇る人もいて、活躍の場を広げている。そうした中、和歌山県が観光PRのため人気ユーチューバーのそわんわんさん(19)に情報発信を依頼した。そわんわんさんが動画を投稿するや、視聴者からは「行ってみたい」と好意的な反響が続々。ユーチューバーが自治体の観光PRを担う時代がやってきた。(江森梓)

 「今から温泉卵をつくります」

 昨年12月、和歌山県田辺市の湯の峰温泉の温泉街で、そわんわんさんがカメラに向かって笑顔で話しかけた。網に入れた生卵を熱い源泉につけて、しばらくした後、ゆであがった卵を取り出す。公開されている動画の一場面だ。

 地元育ちという縁から、県が観光PRをしてもらおうと観光地をめぐるツアーに無料で招待。県担当者は「10代の若者など、既存のメディアとは違う層にアピールできる」と期待する。

 そわんわんさんが初めて動画投稿サイト・ユーチューブに投稿したのは、フリーターだった約2年前。思いついたことをカメラの前で話していたが、約半年後、かわいくなるメークテクニックを投稿したところ、登録者数が急増し、再生回数は200万回に。「ありのままの自分らしさがうけたんだと思う」。次第にユーチューブの広告収入がバイト代の数倍となり、ユーチューバーとなることを決めた。

 登録者数が10万人を超えれば成功とされている中、そわんわんさんは約27万人。取り上げる題材はファッションやグルメ、恋愛話とさまざまで、日常のことを友達に聞いてもらう感覚で話す。

 タレントになるという希望を持つが、その前に狙うは県観光大使。「和歌山は人が温かく、心を穏やかにしてくれる場所。もっと和歌山の魅力を発信していきたい」と意気込んでいる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ