PR

産経WEST 産経WEST

尼崎の小学校にソメイティら登場 東京五輪・パラのマスコット

Messenger
東京五輪マスコットが学校訪問。ミライトワ(手前)とソメイティが登場し子供たちと交流した=23日午前、兵庫県尼崎市の市立武庫の里小(前川純一郎撮影)
東京五輪マスコットが学校訪問。ミライトワ(手前)とソメイティが登場し子供たちと交流した=23日午前、兵庫県尼崎市の市立武庫の里小(前川純一郎撮影)

 2020年東京五輪の公式マスコット「ミライトワ」とパラリンピックのマスコット「ソメイティ」が23日、兵庫県尼崎市の市立武庫の里小を訪問し、全校児童約400人と交流した。

 大会公式マスコットを選ぶ投票に参加した全国の小学校の中から、マスコットの訪問先の一つとして大会組織委員会が同小を選定。体育館にミライトワとソメイティ、ロンドン五輪柔道女子78キロ超級銀メダリストの杉本美香さん(34)が登場すると、児童らから大きな歓声が上がった。

 杉本選手は「東京五輪を一緒に盛り上げましょう」とあいさつ。児童らはマスコットの特技や柔道の組み手に関するクイズに挑戦し、杉本選手が技を繰り出すと「かっこいい」と大喜び。6年の要(かなめ)琴子さん(12)は「東京五輪が始まったら、選手が頑張る姿を直接応援したい」と目を輝かせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ