PR

産経WEST 産経WEST

「希望ある未来奪った」民泊切断遺体、被告に懲役8年 神戸地裁判決

Messenger
バイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告
バイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告

 大阪、京都両府内で昨年2月、女性会社員=当時(27)=の切断遺体が見つかった事件で、傷害致死と死体損壊・遺棄の罪に問われた米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)の裁判員裁判の判決公判が22日、神戸地裁で開かれた。川上宏裁判長は「希望ある被害者の未来を奪った」として懲役8年(求刑懲役13年)を言い渡した。

 川上裁判長は判決理由で、被告が女性からの要求で首を絞め続けた末、死亡させたことは「偶発的な犯行」と言及。一方で「犯行の発覚を恐れ、遺体を切断、遺棄する行為は強い非難に値する」と指弾した。

 判決によると、被告は昨年2月16日、大阪市東成区の民泊用マンションの一室で、女性の首を絞めて窒息死させたうえ、遺体を切断。同市西成区の別の民泊施設や、京都市山科区と大阪府島本町の竹林や山中に遺体を遺棄した。

 判決後の会見で、女性の父親は「量刑も少なく、真実も分からないままだ。残念な判決」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ