PR

産経WEST 産経WEST

実弾射撃訓練を再開 滋賀・陸自饗庭野演習場

Messenger
陸自・饗庭野演習場の実弾射撃訓練再開で公開された81mm迫撃砲の発射訓練=21日午前、滋賀県高島市(彦野公太朗撮影)
陸自・饗庭野演習場の実弾射撃訓練再開で公開された81mm迫撃砲の発射訓練=21日午前、滋賀県高島市(彦野公太朗撮影)

 滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野(あいばの)演習場で21日、81ミリ迫撃砲の実弾射撃訓練が再開された。同演習場では昨年11月、81ミリ迫撃砲を国道付近に誤射して民間の車を破損させる被害を出し、実弾を使用した訓練を中止していた。この日の訓練では、2つの小隊が81ミリ迫撃砲を計約80発発射。演習場内の4カ所に隊員が配置され、発射地点から約2.5キロ先の目標に着弾したかを確認した。

 また、2月に実施される日米共同訓練について、福井正明市長が同市の今津駐屯地で、陸自中部方面総監部(兵庫県伊丹市)の岸川公彦総監らと面会し、安全な訓練の実施を要請した。

 福井市長は「防衛問題は国の専管事項だ。改めて安全対策には万全の対策を講じてほしい」と述べ、安全要請文書を手渡した。岸川総監は「真摯に対応していきたい。二度と事故が起きないようにする」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ