PR

産経WEST 産経WEST

酒気帯びで市職員停職、前夜に酎ハイ4本 奈良・香芝

Messenger

 奈良県香芝市は21日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検された生活支援課の男性職員(38)を停職6カ月の懲戒処分にした。

 市によると、昨年9月24日午前、市内の商業施設で、軽乗用車を駐車する際に物損事故を起こし、警察の呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。男性職員は23日午後10時ごろから、自宅で缶酎ハイ4本を飲んだという。

 男性職員は市の調査に「お酒は抜けたと思っていたが認識が甘かった」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ