PR

産経WEST 産経WEST

東大に100億円提供 ダイキンが仕掛けるサバイバル産学連携

Messenger
協定締結を発表したダイキン工業の井上礼之会長(右から2人目)と東京大学の五神真総長(同3人目)=東京都文京区の東大
協定締結を発表したダイキン工業の井上礼之会長(右から2人目)と東京大学の五神真総長(同3人目)=東京都文京区の東大

 空調大手のダイキン工業が昨年12月、東京大学と協定を締結した。ダイキンが今後10年で100億円を東大に拠出し、東大の学生や卒業生が設立したベンチャー企業を支援。100億円の拠出額は国内の産学連携では最大とみられ、ダイキンは空調ビジネスを超えた空気の新たな価値や新ビジネスの創出を狙う。(中山玲子)

 知の集積と野生集団の連携

 「当社はお世辞にも頭脳集団とはいえない。野性味ある実行力の集団だ。異質の当社が日本の知の集積である東大と連携することで面白い成果が生まれるのではないかとワクワクしている」

 昨年12月中旬の東京大学。東大の五神真(ごのかみ・まこと)総長と産学連携協定の記者発表の場に立ったダイキンの井上礼之(のりゆき)会長はこう強調した。ダイキンは10年間で毎年10億円を拠出、その半分を東大関連のベンチャー企業の支援に充てる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ