PR

産経WEST 産経WEST

【動画】六甲山で天然氷の切り出し作業 神戸

Messenger
「六甲枝垂れ」の氷棚で行われた氷の切り出し作業=20日午前、神戸市灘区(彦野公太朗撮影)
「六甲枝垂れ」の氷棚で行われた氷の切り出し作業=20日午前、神戸市灘区(彦野公太朗撮影)

 「大寒(だいかん)」の20日、神戸市灘区の六甲山山頂近くにある「自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ」で、夏に使う天然の氷を切り出す作業が行われた。

 展望台は標高888メートル。約15平方メートルの「氷棚(ひょうだな)」が8面あり、雨水をためて天然の氷を作っている。担当者によると、今年は暖冬の影響で、全ての氷が一時溶けてしまったという。

 この日、六甲山の気温は午前10時時点で5度。小雨のなか、スタッフらはチェーンソーで厚さ約8センチの氷を切り出し、手押し車に乗せて次々と氷室(ひむろ)に運んだ。

 作業は2月末ごろまで行われ、夏場に訪れる観光客らに氷室から涼しい風を届ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ