PR

産経WEST 産経WEST

巨大露天風呂でかるた大会 和歌山

Messenger
約千枚の札から目当ての札を探す参加者ら=20日、和歌山県田辺市(井上亨撮影)
約千枚の札から目当ての札を探す参加者ら=20日、和歌山県田辺市(井上亨撮影)

 川底から温泉がわく和歌山県田辺市本宮町の巨大露天風呂「仙人風呂」で20日、浮かべた杉板の札を奪い合う「かるた大会」が行われた。

 昨年の台風の影響で湯船は全長約28メートル、幅約12メートルと例年の3分の2に。安全を考慮して小学生の部は見送り、一般の部(17チーム)のみで実施した。

 約千枚の札が浮かぶ湯船には句が詠まれるたび参加者が突進した。群馬県桐生市の男性会社員(35)は「初めてでおもしろかった。また来たい」。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ