PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】注目は後妻業の男たち…開幕マスクを懸けた熾烈な争い

Messenger
自主トレを公開し、守備練習に臨む阪神・梅野隆太郎。=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)
自主トレを公開し、守備練習に臨む阪神・梅野隆太郎。=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)

 梅野メイン、坂本刺激剤、原口は代打の切り札!? 虎の捕手3人制の構図はコレですかね? 矢野燿大(あきひろ)新監督(50)が率いる阪神はあと12日(1月20日時点)で春季キャンプ初日を迎えます。今季から野球協約が変更され、1軍出場選手登録は28人→29人に。ベンチ登録25人はそのままですが1軍枠が1人増えたことで捕手3人制を敷きやすくなりました。昨季ゴールデングラブ賞を受賞した梅野隆太郎捕手(27)が正妻の本命ですが、坂本や原口らの起用法も注目です。かつて虎の正妻だった矢野新監督は“後妻業の男たち”をどうさばくのでしょうか-。

「球春」到来、トラの宜野座の注目は

 いよいよ春季キャンプのスタートが近づいてきましたね。早いもので来週の金曜日が2月1日です。矢野阪神も例年通り沖縄の「かりゆしホテルズボールパーク宜野座」で春季キャンプに入ります。フリーエージェント(FA)補強で西(前オリックス)を獲得し、中日を退団したガルシアも取りました。先発投手陣は分厚くなります。打撃陣では前エンゼルスのマルテを獲得。新戦力がチームにどんな形で合流し力を発揮するのか。春季キャンプの見どころですね。

 さらに、注目すべきポイントは正妻争いです。昨季は梅野が132試合に出場し、打率2割5分9厘で本塁打8本、打点47をマーク。盗塁阻止率もリーグ2位の3割2分。生え抜き捕手としては1985年(昭和60年)の木戸克彦以来、33年ぶりのゴールデングラブ賞(チームとしては2010年の城島健司以来)を受賞しました。正妻の一番手にいるのは間違いないはずです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ