PR

産経WEST 産経WEST

【正木利和のスポカル】ビジネスエリートはアートを学べ

Messenger
「名画の読み方」や「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか」など、「ビジネス」が「アート」に接近する本が目立ち始めている
「名画の読み方」や「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか」など、「ビジネス」が「アート」に接近する本が目立ち始めている

 ちょっと気になっているのが、近ごろの「ビジネス」と「アート」の蜜月である。

 《論理的思考・MBAでは戦えない…》

 《世界のビジネスエリートが身につける教養》

 こんなキャッチコピーが表紙や帯にしるされたハウツー本が、書店に並ぶようになってきた。

 「ビジネス」「MBA(経営学修士)」というからには、平社員を対象にしているというわけではないのだろう。ターゲットは経営者あるいはその候補者たちであるに違いない。

 もちろん、いまは平社員でも、将来は会社経営の一翼を担うんだ、という強い希望を抱いている人も、有資格者といっていいのだろうが…。

 これはいったいどういうわけだろう。

 こうした本は、ビジネス戦士たちに、「アート」をどのように使え、といっているのだろうか。

   □    □

 一昨年の春、知り合いのギャラリーオーナーから連絡があった。米国での美術フェアでブースを借りて、ある現代美術作家の作品を展示していたところ、いま話題の人、日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン氏(64)が、その作家の作品を見にやってきたというのである。

 「買ってはいかなかったけど、関心を示してくれた。彼は熱心にほかのブースも回っていた」

 そのころ、ZOZOの創業者、前澤友作氏(43)がサザビーズでジャン=ミシェル・バスキア(1960~88年)の作品を120億円超の高額で落札するというニュースも舞い込んできた。

 一流経営者の心をひきつけるものとしての「アート」が気になりはじめたころ、ほぼ時を同じくして「世界のエリートはなぜ『美意識』を鍛えるのか」(光文社新書)というタイトルで、著作家、山口周氏の本が出版された。

 その冒頭には、自動車のフォードやクレジット会社のビザといったグローバル企業の幹部たちが英国の「ロイヤルカレッジオブアート」という大学院大学でエグゼクティブトレーニングを積んでいる、ということがしるされていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ