PR

産経WEST 産経WEST

関西の鉄道、ICカード乗車券は振り替え輸送対象外に

Messenger
関西鉄道各社の振り替え輸送の制度変更に伴い廃止される振替乗車票
関西鉄道各社の振り替え輸送の制度変更に伴い廃止される振替乗車票

 関西の主要18鉄道事業者は18日、列車が運転見合わせなどを行った際に見合わせ区間を他の鉄道会社の路線で代用する「振り替え輸送」の利用方法を、3月16日から変更すると発表した。駅の混雑緩和が狙いで、これまで配布されていた振り替え乗車票が省略される一方、ICカード乗車券を使用している場合は振り替え輸送の対象外になる。

 振り替え輸送が実施される場合、現在は振り替え先の駅で列車に乗る際に駅員から振り替え乗車票を受け取る必要があるが、変更後は運転見合わせ区間の乗車券を提示するだけで乗車が可能になる。また、これまでは振り替え時の乗車駅が指定されていたが、今後は振り替えの対象となる乗車券の区間内なら、乗車駅を選択できるようになる。

 一方、ICカード乗車券は、読み取り機を使わなければ乗車区間などを確認できないなど、煩雑な手続きが必要なことから対象外に。ICカード利用時は、すでに乗車した区間の運賃に加え、乗り換えた鉄道会社で乗車した区間の運賃が必要となる。

 こうした対応はすでに首都圏の鉄道会社で適用されているという。これまでより運賃が高くなるケースもあるが、事業者側は「苦渋の決断。一部のお客さまには負担をかけるが、スムーズに利用いただけるというメリットの拡大を図りたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ