PR

産経WEST 産経WEST

救急車が経路ミスで別の病院へ 搬送の男性は死亡 兵庫県丹波市消防本部

Messenger

 兵庫県丹波市消防本部は18日、胸痛を訴える同市内の男性(39)を搬送中の救急車が、経路を間違え別の病院に到着するミスがあったと発表した。救急車が最寄りのインターチェンジ(IC)を通り過ぎてしまい、想定よりも約30分遅れで別の病院に到着。搬送中に心肺停止となっていた男性は病院で死亡が確認された。同本部は「ミスをしてしまい、申し訳ない。死亡との因果関係を調べる」としている。

 同本部によると、救急車は18日午前4時半に通報を受け、丹波市内の男性を搬送。男性宅から約40キロ離れた京都府福知山市内の病院に搬送する予定だった。

 男性は病院に向かう途中の舞鶴若狭自動車道で心肺停止となったが、救急車は病院最寄りの福知山ICと次の綾部ICを誤って通過。舞鶴西ICまでいって引き返して同府綾部市内の病院に搬送したが、死亡が確認されたという。死因は心臓疾患とみられる。

 救急車には救急救命士の隊長ら3人が乗車。カーナビは使用していなかった。運転していた消防副士長(27)は「(ルートの)思い違いをしていた」などと話しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ