PR

産経WEST 産経WEST

夫殺害で懲役3年6月 「防衛の範囲逸脱」と名古屋地裁

Messenger

 名古屋市中村区の自宅で昨年3月、暴力を振るおうとした夫の首を絞め殺害したとして、殺人罪に問われた田村(旧姓太田)桃子被告(48)の裁判員裁判で、名古屋地裁は18日、懲役3年6月(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。

 判決理由で森島聡裁判長は「過去に肋骨(ろっこつ)を折るなどの暴力を受けており、犯行に至る経緯には酌むべき事情がある」と述べる一方で「気を失った後にネクタイで首を絞めたのは死を確実にするためで、防衛の範囲を大きく逸脱している。執行猶予を付すべき事案とは言えない」と指摘した。

 弁護側は「度重なる暴力が原因。事件翌日に自首した」として執行猶予付き判決を求めていた。

 判決によると、田村被告は昨年3月10日、自宅で夫の太田透さん=当時(50)=の首を電源コードやネクタイで絞めて殺害した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ