PR

産経WEST 産経WEST

インフル猛威、警報レベルに 前週から患者3倍

Messenger

 国立感染症研究所は18日、全国約5千カ所の医療機関から13日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数が1医療機関当たり38・54人となり、大きな流行の発生が疑われる警報レベル(30人)を超えたと発表した。

 患者数は前週の約3倍となる約163万人が医療機関を受診。厚生労働省は、せきやくしゃみが出る人はマスクを着用するなど、感染拡大防止を呼びかけている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ