PR

産経WEST 産経WEST

【阪神大震災24年】神戸から東日本犠牲者を追悼「絆3・11」の竹灯籠<動画>

Messenger
東遊園地に並べられた竹灯籠=17日午後6時19分、神戸市中央区(本社ヘリから、沢野貴信撮影)
東遊園地に並べられた竹灯籠=17日午後6時19分、神戸市中央区(本社ヘリから、沢野貴信撮影)

 阪神大震災の被災地から東日本大震災の犠牲者の冥福を祈ろうと、神戸市中央区内で17日、市民らが竹灯籠約700本を「絆3・11」の形に並べ、東日本大震災が発生した午後2時46分に1分間黙祷(もくとう)した。

 ボランティア団体「神戸・心絆(ここな)」などが企画。竹灯籠には「祈り」「希望」といった言葉のほか、津波に襲われた各自治体名が書き込まれた。東日本大震災で津波の被害があった宮城県名取市閖上(ゆりあげ)地区の被災者や、現地で震災を学ぶ大学生ら18人も参加した。

 津波で妻を失った名取市の会社員、木皿(きさら)俊克さん(62)は平成26年から毎年1月17日に神戸を訪れているといい、「兵庫のボランティアの人たちは何度も東北の仮設住宅まで来てくれた。今も心の支えになっている」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ