PR

産経WEST 産経WEST

【阪神大震災24年】大阪府警が負傷者救助訓練

Messenger
負傷者をストレッチャーで地上に降ろす訓練を行う大阪府警特別災害救助隊員ら=17日午前9時半ごろ、大阪市都島区
負傷者をストレッチャーで地上に降ろす訓練を行う大阪府警特別災害救助隊員ら=17日午前9時半ごろ、大阪市都島区

 阪神大震災から24年となった17日、大阪府警は大阪市都島区の建物で、大規模地震で半壊したビルに取り残された負傷者を救助する訓練を行った。

 訓練は大阪府吹田市を震源として最大震度7の地震が発生したと想定。府警特別災害救助隊員と都島署員計約30人が、エンジンカッターやハンマーで壁を壊して部屋の中に入り、ロープやストレッチャーを使って負傷者役の男女4人を2階から地上に降ろした。

 府警は同日、吹田市でも地震による負傷者をヘリコプターで救助する訓練を行い、手順を確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ