PR

産経WEST 産経WEST

【阪神大震災24年】合唱、復興への思い新た 北淡震災記念公園

Messenger
北淡震災記念公園で行われた追悼式典で鎮魂の気持ちを込めて合唱する参列者=17日午前5時49分、兵庫県淡路市の北淡震災記念公園(渡辺恭晃撮影)
北淡震災記念公園で行われた追悼式典で鎮魂の気持ちを込めて合唱する参列者=17日午前5時49分、兵庫県淡路市の北淡震災記念公園(渡辺恭晃撮影)

 阪神大震災の震源地に近い兵庫県淡路市の北淡震災記念公園では17日早朝、住民らが竹灯籠を人工池に浮かべて犠牲者の冥福を祈った。また、地元有志らでつくる合唱団がシンガー・ソングライター、KANさんの「愛は勝つ」を合唱し、復興への思いを新たにした。

 淡路市内の自宅が全壊し、孫の良太くん=当時(2)=や健太くん=同生後11カ月=らを亡くした伝法(でんぽう)くに子さん(72)は「あっという間の24年だった。この時期になると孫たちのことを思い出す。2人とも今ごろもう結婚しとるかなあとかね。毎年思いは一緒です」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ