PR

産経WEST 産経WEST

民泊の米国籍被告に懲役13年を求刑 神戸地裁論告求刑

Messenger

 大阪、京都両府内で昨年2月、当時27歳だった女性会社員の切断遺体が見つかった事件で、傷害致死罪などに問われた米国籍のバイラクタル・エフゲニー・バシリエビチ被告(27)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が17日、神戸地裁(川上宏裁判長)で開かれた。検察側は懲役13年を求刑し結審した。判決は22日に言い渡される。

 検察側は、女性会社員を死亡させただけでなく遺体を切断し隠した点について「悪質性が高い」と非難。弁護側は「被害者の要望で首を絞めており犯行は偶発的」と主張し、懲役5年にとどまると訴えた。

 起訴状によると、被告は昨年2月16日、大阪市東成区の民泊用マンションの一室で、女性会社員の首を絞めて窒息死させ遺体を切断。大阪市西成区の別の民泊施設や、京都と大阪両府内の竹林や山中に遺棄したとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ