PR

産経WEST 産経WEST

さをり織り 熊本からも 神戸で展示

熊本地震の被災者らが制作したさをり織りの作品=神戸市中央区
熊本地震の被災者らが制作したさをり織りの作品=神戸市中央区

 大地震の経験を語り継ごうと、熊本地震の被災者が制作した手織りの「さをり織り」を展示する「花さきくまもと 三人展」が、神戸市中央区の商業施設「ハウジング・デザイン・センター神戸」で開かれている。21日まで。

 展示は、今月8日で熊本地震から千日を迎えたことを受け、熊本市内で被災した西川尚子さん(62)ら作家3人が企画。熊本の復興を発信しようと、阪神大震災から復興を果たした神戸で初めて開催することを決めた。

 会場では、西川さんらが被災後も制作し続けてきたさをり織りのベストやスカートなど約70点を展示。色彩豊かな織り糸を使用した小物のほか、被災時に寄せられた支援への感謝の気持ちを鮮やかに咲き誇る花で表現した作品も並ぶ。西川さんは「熊本地震では神戸の方々にも助けてもらった。熊本の人たちが元気にしていることを伝えたい」と話している。

 午前10時~午後6時。入場無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ