PR

産経WEST 産経WEST

リアル「まんぷく」知りたい! 日清食品創業者夫妻の展示が人気

Messenger
仲むつまじい姿がうかがえる安藤夫妻=昭和30年頃(日清食品ホールディングス提供)
仲むつまじい姿がうかがえる安藤夫妻=昭和30年頃(日清食品ホールディングス提供)

 チキンラーメンなどの即席麺を開発した大阪発祥の日清食品創業者、故・安藤百福(ももふく)さんと妻の仁子(まさこ)さんをモデルにしたNHK連続テレビ小説「まんぷく」の放映を機に、日清食品や大阪商工会議所が安藤夫妻のゆかりの資料などを紹介した展示イベントを開き、人気を集めている。ドラマも、ようやくラーメン開発の段階に近づき、安藤夫妻の実像を深く知りたいと望む人たちは今後さらに増えそうだ。(田村慶子)

 日清が大阪府池田市と横浜市で運営する「カップヌードルミュージアム」では3月末まで特別企画展「チキンラーメンの女房 安藤仁子展」を開催し、休日を中心に多くの人でにぎわう。百福さんを支えた仁子さんに脚光を当て、生前のインタビュー映像や写真、手帳などを展示。ドラマでは仁子さんをモデルにした福子が働くホテルで夫となる立花萬平と運命的な出会いを果たす場面が描かれたが、企画展でも仁子さんが電話交換手の資格と得意の英語を生かして京都市内のホテルに就職し、百福さんとの結婚につながったエピソードが紹介されている。

 「展示とドラマをつい重ねて見てしまう。これからドラマの展開が楽しみですね」。池田市のミュージアムでの企画展に訪れた滋賀県東近江市の50代男性は、連れの女性と顔を見合わせながら笑顔で話した。

 ドラマは特に日清の創業地の関西で関心を集めているようだ。池田市のミュージアムでは、放送が始まった昨年10~11月の来場者数が前年同期比13%増。特に11月は行楽シーズンも重なり前年同月比21%増と、平成28、29年11月の同6%増よりも大きく増加率を高めた。日清食品ホールディングスの大口真永(まさなが)広報部長は「おかげで休日は、かなりの混雑。ドラマをきっかけに来場者が増えるのはありがたい」と話す。

 大阪商工会議所が運営する大阪企業家ミュージアム(大阪市中央区)も、百福さんに焦点を当てた特別展示を2月20日まで開催。百福さんが社員に向けて発信した年頭所感の色紙の複製や、事業のアイデアなどをすぐに記せるよう枕元に置いたメモ帳と鉛筆の実物などが注目を集めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ