PR

産経WEST 産経WEST

【梅原猛さん死去】文明史観、歴史観を根底から覆した「知の巨人」

Messenger
梅原猛さん=2006年11月24日、京都市中京区
梅原猛さん=2006年11月24日、京都市中京区

 梅原さんの知的好奇心はとどまるところを知らず、これまでの文明史観、歴史観を根底から覆す大胆な独自の学説は「梅原日本学」と呼ばれた。国際日本文化研究センターの設立にも尽力し多くの後進も世に送り出した。

 梅原さんは、哲学者の西田幾多郎にあこがれ京大の哲学科に入学。やがて哲学から、古代史、歴史、日本研究へと関心を広げていく。昭和44年、学園紛争を機に立命館大学を去ったのを機に、浪人生活を送った3年間に書き上げた論文が、梅原さんの名前を高めることになった。

 それは記紀論を執筆するうえで飛鳥・奈良時代の実力者、藤原不比等(ふひと)(659~720年)を調査するうちに、芽生えた古代史への疑問だった。そこから、法隆寺建立の謎に迫る「隠された十字架」(昭和47年)、宮廷歌人、柿本人麻呂の死の謎に迫る「水(みな)底(そこ)の歌」(48年)が生まれた。現在では、これらは「梅原古代学」「梅原怨霊史観」として高く評価されているが、当初は研究者から批判されるなど、反響を呼んだ。

 自らの研究にとどまらず、日本研究をもっと学際的に国際的にやりたいとの思いから、昭和53年には、「日本学の真のアカデミズム」をかかげ、日本文化研究所設立構想をまとめ上げ、仏文学者の桑原武夫さん、民族学者の梅棹忠夫さんとともに設立に向けて奔走。文部省(現文部科学省)に何度も掛け合うが進展しないため、当時の中曽根康弘首相に直談判、大きく動き出す。62年5月、国際日本文化研究センター(京都市西京区)が設立され、初代所長に就任。3期8年務め、その間、河合隼雄さん、山折哲雄さん、芳賀徹さん、井上章一さんら日本の人文科学分野を牽引(けんいん)する人物が日文研に集まった。海外からの研究者にも積極的に門戸を開き、ドナルド・キーンさんら優秀な研究者が次々と集まった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ