PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】不動のショートは誕生するか…生存懸ける鳥谷

Messenger
ショートに再挑戦する阪神・鳥谷敬。競争を生き残れるか=甲子園球場(撮影・門井聡)
ショートに再挑戦する阪神・鳥谷敬。競争を生き残れるか=甲子園球場(撮影・門井聡)

 鳥谷の“最後の戦い”の行方よりも、チームにとっての肝心要はショートの固定です。阪神・鳥谷敬内野手(37)は5年契約が切れる今季、ショートで勝負することを矢野燿大(あきひろ)新監督(50)に直訴。北條、植田海らとの競争に選手生命を懸けます。レギュラーポジション奪回がなるのか否か…。しかし、チームにとっては鳥谷が生き残るのかどうかよりも、生き残った選手が143試合、ショートのポジションを守り抜くことの方が大事です。ショート固定こそが優勝に直結することを昨季も広島や西武が証明しているからです。遊撃戦争の勝者は不動のレギュラーにならなければなりません。

遊撃再挑戦の鳥谷は生き残れるか

 もう1月中旬ですね。春季キャンプへの足音が徐々に聞こえてくるような気がします。矢野監督が就任して初めて迎える沖縄・宜野座での春季キャンプ。大きな見どころのひとつが今季で5年契約が切れる鳥谷の動向です。

 「もう一度、ショートで勝負させていただきたい」

 鳥谷は矢野監督に古巣のショートでレギュラーポジションを奪回したい、という考えを伝えました。そして、新監督も鳥谷の考えを尊重してショートでの競争を容認したのです。

 2005年から15年までほとんど全ての試合でショートを守っていた鳥谷ですが、金本前監督が就任した16年、攻守でさえを失い、遊撃手では118試合の出場にとどまりました。そして、三塁のポジションにまわった17年はショートでの出場はゼロ試合。昨季もわずか2試合でしたね。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ