PR

産経WEST 産経WEST

松井氏「都構想守り抜く」 維新、執行部に対応一任

Messenger
大阪維新の会の全体会議で、所属議員らを前に話す松井一郎代表=12日午後、大阪市中央区(杉侑里香撮影)
大阪維新の会の全体会議で、所属議員らを前に話す松井一郎代表=12日午後、大阪市中央区(杉侑里香撮影)

 大阪維新の会は12日、大阪市内で所属議員らを集めた全体会議を開いた。松井一郎代表(大阪府知事)は、大阪市を廃止して特別区に再編する大阪都構想について「背骨の公約で、何としても守り抜く」と強調。都構想の賛否を問う住民投票を実現するため、今後の対応を執行部に一任することを求め、了承された。

 都構想をめぐっては、維新が協力相手とみなしてきた公明党との間で、住民投票の実施時期に関して意見が対立。維新は民意を問うため、松井氏と維新政調会長の吉村洋文・大阪市長がそろって辞職し、4月の統一地方選で知事・市長のダブル選に臨むことも検討している。

 今年初めて開かれた全体会議には、現職や統一選の新人候補ら100人以上が出席。公明との協議が決裂状態となり、都構想の制度設計を作る法定協議会の開催や住民投票の実現が不透明になっている現状を打開するため、松井氏はダブル選を含め「しかるべき時期にしかるべき判断をする」と述べ、理解を求めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ