PR

産経WEST 産経WEST

大阪万博・韓国館の仏像レプリカ、在日韓国人学校に

Messenger
大阪万博で展示された韓国・慶州にある石窟庵の仏像彫刻のレプリカを保存してきた呉景萬さん=大阪市住吉区の白頭学院
大阪万博で展示された韓国・慶州にある石窟庵の仏像彫刻のレプリカを保存してきた呉景萬さん=大阪市住吉区の白頭学院

 昭和45(1970)年に大阪で開かれた国際博覧会(万博)で、韓国館に展示された世界文化遺産、石窟庵(ソックラム=韓国・慶州)の仏像3体のレプリカが、大阪の在日韓国人学校に受け継がれている。韓国館建立には在日韓国人による万博後援会が資金を援助した経緯があるため、寄贈された。保存に尽力してきた元美術教師で在日韓国人2世の呉景萬(オ・ギョンマン)さん(76)は「仏教美術が朝鮮半島から伝来し日本で昇華したように、互いの文化を理解する日韓であってほしい」と話し、2025年の大阪万博でも注目されるよう願っている。

 レプリカはいずれも幅113センチ、高さ264センチの石膏(せっこう)レリーフ3体。万博閉幕直後に大阪市住吉区の在日韓国人学校、白頭学院に寄贈された。約50年にわたり補修されつつ保存され、現在はグラウンドに面した外壁に設置されている。

 実物から型を取って製作したものとみられ、十一面観音菩薩像などの精緻な仏像彫刻が再現されている。石窟庵は1995年にユネスコの世界文化遺産に登録されたため、遺産保護の観点から、同様のレプリカを再び作るのは困難とみられている。

 呉さんがレプリカの保存に奔走したのは、実際に石窟庵を訪ねたときの感動があったからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ