PR

産経WEST 産経WEST

平泉成ナビゲーターで「平成」の社会現象を振り返る 「Mr.サンデー」

Messenger
懐かしそうにティラミスを食べる平泉成(C)フジテレビ
懐かしそうにティラミスを食べる平泉成(C)フジテレビ

 ベテラン俳優の平泉成(74)が、フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデー」(日曜後10・0)の新コーナー「応答せよ!平成X」でナビゲーターを務めることが11日、分かった。13日から登場する。

 平泉は、名前に平成の文字が入っていることから平成の終わりに人一倍寂しさを感じている一人。そこで、平成の時代の社会現象の数々を振り返る新コーナーを誕生させ、“平泉家”セットでくつろぐなか、毎回のテーマをVTRとともにナビゲートしていく。

 「あの時、なぜ人は熱くなったのか?」

 そこには 「ポケベル」「ティラミス」「写ルンです」など平成を代表する懐かしいワードが次々と出てくる。

 平泉は「平成が終わると、平泉成も終わり、と」と笑いながら前置きした上で、「平成は最高の時代。人類始まって以来、一番いろんなものが発展。その恩恵にずっとあずかった。(個人的には)子育てから仕事、家を買うなど充実した30年でした」と振り返った。

 番組については「同じニュースや情報番組も新しい切り口で見られるかなと思う。そこに私が出させていただいて感謝」と“新生・平泉成”に自身も期待しているようだった。

 同局の宮下佐紀子プロデューサーは「時代を彩った社会現象をただ懐かしく振り返るだけでなく、いまの私たちに及ぼしている意外な影響や変化に注目してみたいと考えた。平泉さんのナビゲートでお届けするちょっと変わった平成の物語。どうぞお楽しみに!」と話している。

 企画は不定期放送で全8回予定。

(産経デジタル)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ