PR

産経WEST 産経WEST

覚醒剤使用、堺税務署職員を逮捕 兵庫県警

Messenger

 自宅で覚醒剤を使用したとして、兵庫県警葺合(ふきあい)署は10日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、堺税務署国税徴収官、菊永隆容疑者(31)=兵庫県伊丹市行基町=を逮捕、送検したと発表した。「勤務先の人間関係のストレスがあった」と容疑を認めている。

 送検容疑は昨年12月29日、自宅で覚醒剤を使用したとしている。

 同署によると、菊永容疑者は同日、神戸市中央区の「三宮センター交番」を訪れ、「覚醒剤を打ちました」と申告。同署に任意同行し尿検査をしたところ、覚醒剤の陽性反応が出たため緊急逮捕された。調べに「インターネットサイトを通じ、密売人から購入した」と話しているという。

 大阪国税局の大西啓之・国税広報広聴室長は「事実であれば、あるまじき行為で誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ