PR

産経WEST 産経WEST

2020年オリパラ向けに8Kプロジェクター投入 パナ社長がCESで意欲

Messenger
世界最大級の家電見本市「CES」が開幕し、入場客で賑わうラスベガス国際会議場=8日(現地時間)午前、米ラスベガス(織田淳嗣撮影)
世界最大級の家電見本市「CES」が開幕し、入場客で賑わうラスベガス国際会議場=8日(現地時間)午前、米ラスベガス(織田淳嗣撮影)

 パナソニックの津賀一宏社長は8日(日本時間9日)、米ラスベガスで開幕した家電・IT見本市「CES」で、報道陣の取材に応じ、2020年東京五輪・パラリンピックの「パブリックビューイング(PV)」に向け、自社製の超高精細「8K」プロジェクターを投入する意欲を示した。

 パナソニックは8Kテレビは生産しておらず、計画もない。CESでもテレビの展示はしておらず、津賀社長は「8Kと一言で言っても、テレビとプロジェクターは分けて考える必要がある」と説明。8Kのテレビ放送は国内で昨年12月に始まったものの、NHKのみにとどまっており、津賀社長は「放送のソースが限られる中で商売はできない。今は様子見の段階」と述べた。

 一方でプロジェクターについては「8KでのPVは、五輪を多くの人が同時に見ることができ価値がある。非常にいいソースになり、頑張る領域だ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ