PR

産経WEST 産経WEST

高僧が国家安泰祈念 東寺「後七日御修法」

Messenger
法要のために灌頂院に向かう僧侶たち。沿道では園児達が行列に手を合わせていた=京都市南区の東寺
法要のために灌頂院に向かう僧侶たち。沿道では園児達が行列に手を合わせていた=京都市南区の東寺

 真言宗の最高儀式とされる後七日御修法(ごしちにちみしほ)が8日、京都市南区の世界遺産・東寺(教王護国寺)で始まった。同宗十八本山の高僧が14日までの7日間、国家安泰や五穀豊穣、世界平和などを祈念する。

 開祖・弘法大師空海が835年に嵯峨天皇の許しを得て宮中の正月行事として始めた。明治4(1871)年、廃仏毀釈のため一時途絶えたが、16(1883)年に場所を東寺に移して再興された。

 正午前に宮内庁京都事務所(同市上京区)から天皇の御衣が届けられると、大阿闍梨(だいあじゃり)を務める真言宗豊山派総本山・長谷寺(奈良県桜井市)の田代弘興(こうきょう)化主ら14人の僧侶が本坊を出発。それぞれ大きな朱傘を差し掛けられながら、境内を静かに歩いて法要を営む灌頂院(かんじょういん)に入った。

 沿道では、厳かな雰囲気の中、参拝者らが手を合わせたり、行列を写真に収めたりしていた。14日まで計21座の法要を営む。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ