PR

産経WEST 産経WEST

広島、巨人・長野を獲得へ FA丸の人的補償

巨人の長野久義(撮影・矢島康弘)
巨人の長野久義(撮影・矢島康弘)
その他の写真を見る(1/2枚)

 プロ野球巨人は7日、広島からフリーエージェント(FA)移籍で獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍すると発表した。長野は球団を通じ、「自分のことを必要としていただけることは光栄なことで、少しでもチームの勝利に貢献できるように精いっぱい頑張ります」とコメントした。

 筑陽学園高(福岡)、日大、ホンダを経て、2010年にドラフト1位で巨人に入団。同年からレギュラーとして活躍し、11年に首位打者、12年に最多安打のタイトルを獲得した。18年は9年目で初めて規定打席到達を逃したが、116試合に出場し、打率・290、13本塁打、52打点をマークした。通算成績は打率・286、137本塁打、500打点。

 巨人はこのオフ、西武からFAで獲得した炭谷銀仁朗捕手(31)の人的補償として、通算133勝の内海哲也投手(36)を西武に手放しており、功労者が相次いでチームを離れることになった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ