PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】新春の門出を祝う初生け式 華道家元池坊

Messenger
「初生け式」で花を生ける門徒ら=5日午前、京都市中京区の池坊会館(永田直也撮影)
「初生け式」で花を生ける門徒ら=5日午前、京都市中京区の池坊会館(永田直也撮影)

 華道家元池坊の「初生け式」が5日、京都市中京区の家元道場などで行われ、全国から集まった8~95歳の門弟約1500人が、新春らしい花材で作品を仕上げて華道の精進を誓った。

 室町時代までさかのぼることができる伝統行事。振り袖姿や羽織はかま姿の男女36人が、隣接するいけばな発祥の地とされる六角堂(頂法寺=ちょうほうじ)を参拝後、初生けを始めた。静寂の中、花ばさみの音を響かせながらおめでたい松竹梅やツバキ、センリョウなどを丁寧に生けた。

 池坊専好(せんこう)次期家元が1人ずつ声をかけながら指導し、自らもナンテンや葉ボタンなどを用いた作品「穏(おだやか)」を披露。「昨年は災害の多い一年だったが、難を転じてしなやかに、静かで平穏な年となるように」との思いが込められた。

 最年少の参加者、小学2年の亀迫紗綾(さあや)さん(8)=広島県世羅町=は、「広がった感じにできました。生け花をもっと上手になりたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ