PR

産経WEST 産経WEST

酒気帯びで事故 医師を逮捕 大阪府警和泉署

 酒気を帯びた状態で車を運転し事故を起こしてけがをさせたにもかかわらず、そのまま逃走したとして、大阪府警和泉署は5日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の容疑で、大阪府和泉市いぶき野の医師、坂口一朗容疑者(57)を逮捕した。「酒を飲んで運転したが、相手の車にぶつかったのは覚えていない」と容疑の一部を否認している。

 逮捕容疑は、4日午後6時15分ごろ、酒気を帯びた状態で車を運転し、自宅近くの市道を右折しようとした際に中央分離帯に乗り上げ、対向車線で信号停止中の乗用車2台に接触。運転手の女性(47)の右腕に軽傷を負わせたにもかかわらず、逃走したとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ