PR

産経WEST 産経WEST

万博開催“追い風”に 大阪市、ロボット開発支援強化

Messenger

 実用化にうまくつながらず一時、開発機運が下火になったこともあったが、今回万博開催が決まったことで、ロボット技術を健康や観光などの課題解決に役立てようという取り組みが再び活気づいてきた。

 ATCで実験を行った関係者は「大学機関やハードウエア関連の町工場に加え、実験場もある。大阪はロボット開発の最適地」と太鼓判を押す。

 市は今後、万博開催地を含むベイエリアを活用し、経済界などとも協力しながらロボット開発やIoT分野での起業や実験への支援を強化するという。吉村市長は、「『大阪の製造業に作れないものはない』といわれる。ロボットやIoTの可能性を広げるために行政にできることをやっていきたい」と力を込めた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ