PR

産経WEST 産経WEST

【新春特別対談】歌舞伎俳優・片岡愛之助と柔道52キロ級・阿部詩(下)「歌舞伎は懐の深い芸能」「連獅子? 見てみたい」

Messenger
柔道の阿部詩選手=大阪市港区(沢野貴信撮影)
柔道の阿部詩選手=大阪市港区(沢野貴信撮影)

 歌舞伎俳優、片岡愛之助さん(46)と、柔道女子52キロ級のエース、阿部詩選手(18)、伝統芸能の担い手と、日本のお家芸の期待の星による新春対談の最終回。2人にとって今年は特別な1年になりそうだ。(司会 特別記者・亀岡典子)

 愛之助 詩ちゃんは、勝負に向かうとき、験担ぎのようなことしていますか。

 阿部 試合のとき、バナナ模様の靴下を絶対はいています。

 愛之助 バナナ!?

 阿部 何かの大会で優勝したとき、その靴下をはいていたんです。それからずっと。アップのときとか、冷えないようにその靴下をはいています。

 愛之助 僕もバナナの靴下はこうかな(笑)。

 阿部 でも最近思うのは、そういうのは自分の心の落ち着きにつながるということであって、何をはいていても優勝するときは優勝するんですよね。

 愛之助 その境地、勉強になります。僕は楽屋でお香をたいています。心が落ち着くんです。ただ本番の舞台では、変に緊張する、ということはない。いい意味での緊張感はありますが、舞台の上は落ち着きます。それに比べると、テレビの方が、失敗しちゃいけないと緊張します。

 阿部 何回もやり直したりするんですか。

 愛之助 まあそうですね。でも他の俳優さんたちもいて、自分のミスで時間が押すと迷惑がかかる。だから1回でOKにしたいと頑張る。するとプレッシャーがね。歌舞伎の方が落ち着きます。お客さまとのキャッチボールも楽しい。

 阿部 すごいなあ。

 --今年のおふたりの抱負を聞かせてください

 阿部 8月の世界選手権までに新しい自分を見つけて、もっと成長していきたい。いろんなことに挑戦して、世界選手権2連覇を達成して、来年の東京オリンピックに向かっていきたいです。私の階級は五輪で日本人の金メダルがいないので第1号になれれば。

 愛之助 ぜひ、頑張ってください。お兄さんと金メダル取れば、これも初めてでしょう。

 阿部 まずはオリンピックの代表選手になる選考がありますので、2人でそれを決めて、ですね。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ