PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】着服した大金で爆買い、実態解明は

Messenger

 ミッキーマウスの形を外壁にあしらった自宅、2億円分のルイ・ヴィトン…。女が15年にわたって会社から着服したとみられる金で行った「爆買い」だ。兵庫県三木市の土木建築会社「神和商事」で平成30年10月、元経理担当役員の北村緑被告(56)が多額の会社資金を着服したとして業務上横領容疑で逮捕、起訴された。同社の神行(かんぎょう)武彦社長(59)は「北村被告を信用しきっていた」と後悔し、「被害総額は5億円以上だ」という。12月13日の初公判では検察側から「着服金をブランド品購入や旅行にあてていた」と暴露されたが、北村被告は不敵な笑みを浮かべるなど反省している様子はなかった。(土屋宏剛)

自己破産し逃亡

 不正が発覚したのは一昨年12月。新たに経理担当に加わった従業員が帳簿類を確認した際、食事や日用品の購入など私的な支払いが会社経費で処理されている形跡を発見した。北村被告が経理を一人で担当していたことから着服疑惑が浮上した。

 神行社長が北村被告に問いただしたところあっさりと着服を認めたという。北村被告は当初、「着服額は3千万円程度で全額必ず返済する」と釈明していた。ところが、帳簿類をさかのぼると不審な領収書や使途不明金が次々と発見され、着服額は大きく膨らんだ。

北村緑被告の別宅内で発見された大量のバッグなどのブランド品(神和商事提供)
北村緑被告の別宅内で発見された大量のバッグなどのブランド品(神和商事提供)

 会社側は昨年2月に北村被告を役員から解任した上でさらに調査を進めたが、北村被告は裁判所に自己破産を申請。1円も返済しないまま会社と連絡を断ち、行方をくらませた。同社は着服額が計約5億円に上るとして、昨年9月に刑事告訴に踏み切った。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ