PR

産経WEST 産経WEST

【譲位によせて】YOSHIKIさん「御前演奏に僕自身が救われた」

インタビューに答えるミュージシャンのYOSHIKIさん=東京・富ケ谷(酒巻俊介撮影)
インタビューに答えるミュージシャンのYOSHIKIさん=東京・富ケ谷(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 平成11年11月、東京・皇居前広場で開かれた「天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典」。僕は、天皇皇后両陛下が見守られる中、自ら作曲したピアノ協奏曲を演奏しました。

 陛下や国民の皆さまに、自分の持っているもの全てをささげたいという思いで臨んだはずなのに、結果的に音楽家として僕自身が救われるきっかけになりました。

 祭典を主催する奉祝委員会から依頼をいただいたのは、「消えてしまいたい」と考えるほど、精神的にひどく落ち込んでいた時期でした。リーダーを務めるロックバンド「X JAPAN」が9年12月に不本意な形で解散し、翌年5月には、メンバーの一人で、親友のHIDE(ヒデ)が他界しました。もう、ステージに立ったり、表舞台で活動したりすることはできないのではと思い詰めていました。

 そんな状態の自分に、奉祝曲を御前演奏する大役が務まるのか随分思い悩みましたが、音楽家として、作曲家としての自信は僕の中のどこかで生きていたんでしょうね。自分に力が残されているのだとしたら振り絞って挑戦してみようと思い直したんです。母の「光栄なことだからやってみてはどうですか」という言葉にも背中を押されました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ