PR

産経WEST 産経WEST

【関西企業のDNA】「商売は菩薩の業」 伊藤忠と丸紅の祖 初代と二代伊藤忠兵衛

Messenger
伊藤忠兵衛記念館の玄関を入ってすぐ右手にある「店の間」。商家の雰囲気を今に伝える=滋賀県豊郷町
伊藤忠兵衛記念館の玄関を入ってすぐ右手にある「店の間」。商家の雰囲気を今に伝える=滋賀県豊郷町

 関西発祥の代表的な総合商社、伊藤忠商事と丸紅はともに平成30(2018)年で創業から160年を迎えた。両社のルーツをたどると、創業者の初代伊藤忠兵衛(1842~1903年)と二代忠兵衛(1886~1973年)の近江商人としての理念や、進取の気風に行き着く。(栗川喜典)

伊藤忠兵衛の旧邸を整備した記念館
伊藤忠兵衛の旧邸を整備した記念館

理念伝える“聖地”

 滋賀県東部のJR彦根駅から近江鉄道に乗り換え、約13分で豊郷(とよさと)町の豊郷駅へ。徒歩約5分の旧中山道(なかせんどう)沿いにある2階建て古民家が初代忠兵衛の旧邸で、二代忠兵衛の生家だ。明治15年築の建物は初代の百回忌を機に整備され、平成14(2002)年から「伊藤忠兵衛記念館」として公開されている。

 「平成29年は5295人が訪れ、うち1064人が伊藤忠と丸紅の関係者だった」と、同館を管理する公益財団法人「豊郷済美会」の桂田繁常務理事。両社グループの役員や社員らが訪れ、創業理念に触れる“聖地”となっている。

 約1800平方メートルの敷地に建つ延べ約700平方メートルの同館は玄関を入って左手が女中部屋で、右手に店の間、中の間、仏間などがある。奥には離れや土蔵などが続き、展示されている数々の調度品や伊藤家に関する資料、愛用品などとともに往時をしのばせる。

館内で展示されている伊藤忠兵衛ゆかりの品々
館内で展示されている伊藤忠兵衛ゆかりの品々

先見性と人間味と

 江戸期の天保13年、旧豊郷村の繊維品小売業「紅長(べんちょう)」の五代伊藤長兵衛の次男に生まれた忠兵衛は安政5(1858)年、15歳で近江麻布の持ち下り商い(行商)を始めた。この年を伊藤忠と丸紅は創業年としている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ