産経WEST

【関西の議論】万葉集に詠まれた植物「ムラサキ」を復活、化粧品にも応用…滋賀の山村からブランド化狙う

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
万葉集に詠まれた植物「ムラサキ」を復活、化粧品にも応用…滋賀の山村からブランド化狙う

ムラサキの根っこ「紫根」。抗酸化作用や保湿効果のある成分が含まれるとされる(前川真司さん提供) ムラサキの根っこ「紫根」。抗酸化作用や保湿効果のある成分が含まれるとされる(前川真司さん提供)

 ムラサキを詠った額田王や大海人皇子の相聞歌は、宝塚歌劇団で40年以上にわたって続く人気演目「あかねさす紫の花」の題材にもなっている。課題も多いが、前川さんはそんな“由緒ある”ムラサキを守り育て、町おこしにつなげる活動を、いち早く軌道に乗せたいと考えている。

このニュースの写真

  • 万葉集に詠まれた植物「ムラサキ」を復活、化粧品にも応用…滋賀の山村からブランド化狙う
  • 万葉集に詠まれた植物「ムラサキ」を復活、化粧品にも応用…滋賀の山村からブランド化狙う
  • 万葉集に詠まれた植物「ムラサキ」を復活、化粧品にも応用…滋賀の山村からブランド化狙う
  • 万葉集に詠まれた植物「ムラサキ」を復活、化粧品にも応用…滋賀の山村からブランド化狙う

関連ニュース

「産経WEST」のランキング