PR

産経WEST 産経WEST

草津の切断遺体 知人の男を殺人罪で追起訴

Messenger

 滋賀県草津市で8月、同市芦浦町の無職、中川直(すなお)さん=当時(69)=の切断遺体が発見された事件で、大津地検は26日、殺人と窃盗の罪で、知人の焼き肉店経営、杠(ゆずりは)共芳(ともよし)容疑者(68)=同県守山市古高町=を追起訴した。

 起訴状などによると、杠被告は8月6日から9日ごろにかけて、守山市の自宅兼店舗またはその周辺で、何らかの方法で中川さんを殺害したほか、同10日から16日の間に、不正に入手した中川さんのキャッシュカードを使い、ATM(現金自動預払機)で計約70万円を引き出したとしている。

 杠被告は10月、草津市内の農業用排水路などに中川さんの切断遺体を遺棄したなどとして、死体遺棄と死体損壊の罪で起訴され、今月6日に殺人容疑で再逮捕された。20日に大津地裁で初公判が開かれたが、検察側が追起訴を予定しているとして罪状認否が見送られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ