PR

産経WEST 産経WEST

【上島達司の琥珀トーク】(4)長崎・出島が日本の珈琲発祥地

大田蜀山人は長崎・出島でコーヒーを飲んだ
Messenger

 日本人で初めてコーヒーを飲んだのは、長崎・出島のオランダ商館に出入りしていた役人、通詞、商人、遊女たちだろう。長崎奉行所に赴任していた幕臣で、狂歌で知られる大田蜀山人もその一人。1804年に記した随筆「瓊浦又綴(けいほゆうてつ)」は、日本人初のコーヒー飲用に関する文献とされる。

 「紅毛船ニテ『カウヒイ』ト云ウモノヲ勧ム。(中略)焦ゲ臭クシテ味フルニ堪エズ」

 この飲用記からも、苦味の黒い液体は当時の日本人の嗜好には馴染まなかったようだ。

 コーヒーが一般人にも普及し始めたのは鹿鳴館時代前後。明治21(1888)年には日本初の喫茶店「可否茶館」が東京・下谷黒門町に開業。その後「カフェパウリスタ」「カフェプランタン」などが相次いで開店した。当時の喫茶店は上流階級や学者、文学者らが集う社交場だった。モガ・モボが憧れ、そして大正カフェ浪漫で喫茶文化の華は開いた。

 昭和に入ると、飲用が大衆化した。太平洋戦争で途絶えた生豆の輸入が昭和25(1950)年に再開されて、馥郁(ふくいく)たるコーヒーの薫りある生活が復活した。その後、高度経済成長を背景に食生活の洋風化とともに消費は右肩上がりに。簡便なインスタントコーヒーや、弊社が世界で初めて開発した缶コーヒーが潜在需要を掘り起こした。一方で、東京五輪開催後の喫茶店開業ブームは、名曲喫茶や画廊喫茶など多種多様の文化を育んだ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ