PR

産経WEST 産経WEST

大阪府泉佐野市の歴史学ぶイベント開幕

Messenger
大阪府泉佐野市の歴史と文化を遊びながら学ぶイベント「泉の国のラビリンス」。会場には段ボールでつくった巨大迷路が登場した=泉佐野市のエブノ泉の森ホール
大阪府泉佐野市の歴史と文化を遊びながら学ぶイベント「泉の国のラビリンス」。会場には段ボールでつくった巨大迷路が登場した=泉佐野市のエブノ泉の森ホール

 大阪府泉佐野市の歴史と文化を遊びながら学ぶイベント「泉の国のラビリンス~ダンボールの巨大めいろだよ!」が22日、同市のエブノ泉の森ホールで始まった。

 同市は市内の歴史、文化を総合的に調査、市歴史文化基本構想の策定を進める。調査結果を写真パネルやビデオ放映で分かりやすく紹介し、身近にある文化財への関心を高める子供向けイベントを企画した。

 会場には段ボールでつくった100マスの巨大迷路(ラビリンス)が登場。迷路の中では、泉佐野に関するクイズが出題され、迷路をクリアすると、地元の歴史や文化を深く理解できるようにしている。子供たちは迷路の外にあるパネルで答えを探しながら、何度も迷路にチャレンジした。このほか、日(ひ)根(ねの)荘(しょう)の歴史を紹介する特別映像の放映、文化財パネル展なども行われた。

 父親と会場に一番乗りで訪れた市立第三小学校2年の岩崎凪(なぎ)杜(と)君(7)は「クイズは少し難しかったけど、段ボールの迷路がとても楽しかった」と話した。23日まで開催。午前11時~午後5時(最終入場は4時半)。入場無料。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ