PR

産経WEST 産経WEST

「高級食パン」は大阪から “粉モン愛”が育んだ一大ブーム

Messenger

 28年10月には「高匠」(大阪市西区)がオープン。小麦本来の甘みともっちりしっとりした味わいが特徴の「湯種食パン」は1本(2斤)750円。「お持たせや手土産、週末のちょっとした贅沢を楽しもうと購入される方が多い」と阿波座本店の店長、田中由美さん(40)。

 大阪から東京への出店も進む。「嵜本」は今月7日に田園調布店をオープン、長い行列ができた。「高匠」も今月3日に東京・神田に出店している。

 一方、東京の高級食パン専門店が、大阪に進出する動きも。今月13日には大阪・心斎橋に、人気レストランを展開している「俺の株式会社」(東京都中央区)が手掛ける「俺のBakery」が、東京以外では初出店。「口が肥えた関西のお客さまにおいしい、と言ってもらえるように努めていきたい」と同社社長室の高野華織さん(44)は真剣な面持ちで話す。

 大阪で盛り上がる高級食パンブーム。「関西にはもともと食パンに対してこだわる食文化があった」とみるのは、阪急うめだ本店フード商品部洋菓子・ベーカリー担当の中塚比呂記さん。関東では市販の食パンは「6枚」「8枚」切りが主流だが、関西では「4枚」「5枚」。厚切り食パンをしっかりと味わう文化が根付いていたという。

 関西人の粉モンへのこだわりも関係がありそうだ。日本コナモン協会長の熊谷真菜さんは、「関西人は、もともと米より粉モンを食べたいという食文化。粉モンはうどんやお好み焼き、たこ焼き、そしてもちろんパンも入ります」。粉モン好きが高級食パンを味わう文化を育んだともいえる。また、大阪人はお好み焼きを、ふんわりとした生地自体の味を楽しむ傾向がある。「高級食パンを何も付けずに食べる、シンプルな甘みを楽しむことは、大阪人らしいともいえます」と熊谷さん。

 大阪発の高級食パンブーム、どこまで広がるだろうか。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ